空腹の経営者、大地を行く

凍えそうな月曜の午前に食事を空腹の経営者、大地を行く

「おむすび」のことを特別に感じている人って、いっぱいいるんだろう。幼い頃の体験や偏見とかそんなのが、「フライドチキン」と結びついちゃうことって、確かにありうる話だよね。

雪の降る祝日の晩に友人と

新人の頃、無知で、そこそこ大きなごたごたをひきおこしてしまった。
心配しなくていいといってくれたお客さんだが、感じの良い訂正の仕方も思いつかず、号泣してしまった。
同じく新人らしきお客さんが、タリーズのコーヒーをあげる、と言ってくれた。
ミスで2個も注文しちゃったんだよね、と話しながら違う種類のドリンク2つ。
背が高くて痩せててすっごく優しい顔つきをした若い人。
悪かったな、と思い出す。

勢いで話す友達と花粉症
夜、寝付けないときは、家にあるDVDを起き上がって見る習慣がある。
昨日の夜観賞したDVDは、エスターというタイトルのアメリカのシネマだった。
ヒロインの、エスターと言う子は賢いけれど少しクレイジーな少女。
ラストに驚くべき結末が見れる。
これを見る半ばで、終わり方が理解できる人がいるのか不思議なくらい予測不可能な終わり方。
というのは、ビクッとさせるわけでもなく、恐ろしくゾクゾクとするような結果だった。
DVDは、日頃の私の夜の時間を楽しませてくれる。
と言いつつも、だいたいカクテルもお供しているので、体重が増えてしまうのが分かる。

一生懸命お喋りする兄弟と横殴りの雪

明日香は、大学ですぐ仲良しになった仲間だ。
彼女のプラスポイントは、人を否定しなくて、細かい事は気にしないところ。
私から親しくなりたいと言ったそうだが、さっぱり覚えていない。
遊びに行くと、全てがシンプルになるので、とっても楽に生きれる。
シャープでスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーガーを注文しに行ったりするという。

涼しい休日の午後にひっそりと
さやかちゃんは一見おっとりしているように見られるらしいけど、活動的な女性。
優しい旦那様と、1歳の賢治くんと、仲良し3人一家で、パン屋さんのななめ向かいのアパートに住んでいる。
一般事務の仕事も育児も手際よくこなして、毎日が充実していて、時間の使い方は得意。
少しでも時間があれば、今夜は空いてる?と必ず電話を入れてくれる。
私は頻繁に桃ゼリーを買って、さやかちゃんのうちにおじゃまする。

悲しそうに体操する家族と公園の噴水

過去に話すようになった女性がいる。
ちょっと風変わりな人で、彼女の話はいつも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、潜水士の資格、小型船舶の免許。
トイック800点、フランス語検定2級、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士まで持っていると言っていたような・・・。
さすがにこのことを友人に話してみたところ、君の勘違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の専務と結婚し退職していった。

のめり込んで体操する子供と花粉症
漁港の近くに私たちは、家があるので、近くで地震があった場合の津波を父と母が懸念している。
特に大震災後は、海と家がどのくらい隔たっているのかとか逃げるルートは身近に存在するのかとか質問する。
家内と私も心配だけど、しかし、たやすく金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
かといって、本当に大津波がくるとなってしまった際に逃げる道順を見つけていないといけないとそう思う、だけれども、しかし、海近くしか高所へ行く道路がないので、今回、あらためて想定してみたら危ないと思えた。

寒い木曜の夜明けに座ったままで

少し前まで、正社員としてたくさんの人に囲まれて働いていた。
しかし、働き始めて4年くらいで大勢でチームワークを組んで何かをするというのが向かないと実感した。
残業の時間が長い上に、何名かで行うので、やはり噂話がしょっちゅう。
それを好きになれば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、放っておけば?としか思えないのだ。
そして、仕事のペースがスローな人に合わせるという辛抱ができない、早い人についていけない。
まともな人は、努力不足!と思うかもしれないが、母には運命なのだと言われた。

前のめりで自転車をこぐ家族と紅葉の山
わりかしただの布は少しでも値段がする。
娘が園に通うことになるので、入れ物が必要なのに、しかし、けっこう普通の生地が安い物がなかった。
ひときわ、アニメのキャラクターものの裁縫するための布なんて、めちゃめちゃ高かった。
ミッフィーとか他の縫物用の布がとっても高かった。
必要な形のの本入れやボール入れをお店で購入するのが早いし、安そうだけど、田舎なので、みんな、手作りだし、近辺に販売していない。

雨が降る金曜の早朝はカクテルを

テレビを眺めていたり街を歩いていると、綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
結構大きいと思う。
最近見てしまうのはミュージシャンの西野カナだ。
コンサートに行って初めて質疑応答を受けている姿を見た。
可愛い子!と注目せずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、体つきもバランスが良く、明るい色がとても合うイメージ。
会話がおっとりしていて、方言もポイントがアップ。
CDは割と聞くけれど、本人を見てもっと大好きになった。

熱中して吠える先生とあられ雲
最近、おなかの脂肪を筋肉にと考え筋トレをしている。
小さな娘を自分の足元にのせて数を数えながら腹筋を行っていたら、娘とのふれあいにもなって、わが子も数を学ぶし、自らのぜい肉も落ちるし、ベストなやり方だと考えていたら、最初のうちは、喜んでいた子供も退屈なのか、やらなくなってしまった。


先頭へ
Copyright (C) 2015 空腹の経営者、大地を行く All Rights Reserved.