空腹の経営者、大地を行く

夢中で熱弁する父さんとファミレス空腹の経営者、大地を行く

「発泡酒」に関して本を書く事になったら、どういったことを書く?「開発者」の成り立ちとかかな。もしくは、自分独自の視点からくる見解だろうか。

気分良く走る友人と飛行機雲

本を読むことは趣味の一つだけど全部というはずはない。
江國香織さんの文章にとても惹かれる
もう何年も同じ作品を読んでいるほどだ。
ヒロインの梨果は、8年付き合った恋人の健吾と別れてしまうが、その原因となった華子と一緒に住むようになるというとても奇妙な小説だ。
最後は衝撃的で大胆な形だととれるが、それを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、そうなるかもしれないな」というのを匂わせている。
そして、とにかく江國香織は言葉のチョイスや登場させる音楽や、物など、センスが良い。
たとえば、ミリンダが出ればミリンダが飲みたくなるよう書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出れば私もCDをかけてしまう。
物の比喩の仕方が優れているのかもしれない。
それ以外にも、悲しい美しさだと思った、という文章がどこで作られるのだろう。
表現に惹かれて、夜に何度も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
好きな作品との深夜の時間が夜更かしの原因かもしれない。

喜んで走る弟とわたし
仕事の関係で、日光市へ行くことが非常に多かった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあり、海のない県で、背の高い山に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が多く、除雪車やチェーンなど必須である。
秋に差し掛かると、東北道で、2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日という状態が多く、ニュースなどで日光市が登場すると思い出に浸ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は行ってほしい県だ。
紹介すると、旅行のメインは東照宮。
東京の基盤を作った家康の墓があるところで、境内の様子に驚かされる。
あと、いろは坂を上るとたどり着ける日光湯元。
硫黄泉らしく、白色で、高温の湯。
この温泉に入ると冷えにも良いと思う。
日光東照宮が建てられたときには、この温泉を目標に湯治客が集まったと言う。
その様子は想像可能な歴史の深い所が栃木県日光市。
旅館の紹介も兼ね,ガイド本に多く記載されている日光へ、再び行ってみたいと考える。

泣きながら跳ねる家族とあられ雲

あまり、ドラマは見ないが、ここ最近、それでも、生きていくを視聴している。
殺人犯の家族と被害者側の親兄弟が会うことになってといったストーリーの流れで、通常は起こるはずがない話の中身だ。
殺された側の親兄弟と加害者の家族のどちら側も不幸に包まれている様子が出されている。
流れの中身はすごく暗いけれど、その分、ビジュアルはきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像がたいそう多く、牧歌的というのかきれいな映像がとっても多用されている。
来週から、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

息もつかさず熱弁する妹と草原
高校生の頃よりNHK教育テレビを見ることがたいそう多くなった。
昔は、父親や祖父母が見ていたら、NHK以外の映像が視聴したいのに思っていたが、近頃は、NHKを見てしまう。
若者向きのものがすごく少ないと思っていたけれど、このごろは、楽しいもの番組も多くなったと思う。
それとともに、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でない内容のものや子供に悪影響がすごく少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえ非常に攻撃的に見える。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

笑顔で話す父さんとアスファルトの匂い

時は金なりは、凄いセンテンスで、ダラダラしていると、見事にすぐに自由な時間が無くなる。
もっとささっと仕事も課題も終われば、そのほかの事の方に時を回せば効率がいいのに。
しいて言えば、散歩したり、料理にチャレンジしたり、週刊誌を読んだり。
ということで、最近はしゃきしゃき終わらせようと努力しているが、何日達成できるのか。

気分良く大声を出す姉妹と霧
このごろ、小説を読まなくなった。
大学の頃は、かかさず読んでいたけれど、今は、仕事があるし、小説を読む時間をとりにくい。
時間があったとしても、ゆっくりと好きな小説をじっくり読むという心になかなかなりにくいので、読んでいてもおもしろく感じられない。
しかし、ものすごくはまる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きだから、二人が賞をとった群像文学新人賞が私の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次の世代の光っている若手がいないかと気になるからまた読んでみたい。
だけど、純文学なのだからと無理やり分かりにくい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

気どりながら熱弁するあの人と濡れたTシャツ

レフも、全く持って大好きだけれど、それ以前に極め付けと言うくらい好きなのがトイカメラだ。
5000円出せば単純なトイカメラが簡単に持てるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐ再現できる。
臨場感や、瞬間を撮影するには、一眼レフが向いていると、思う。
けれど、その場の情緒や季節らしさを収める時には、トイカメには何にもかなわないと熟考する。

暑い火曜の明け方は足を伸ばして
一般事務で頑張っていた時の先輩は、社長令嬢で、まさにお金持ちだった。
痩せてて可愛らしくてとにかく元気な、動物を愛する先輩。
動物愛護サークルなど設立して、それなりにキャンペーンを行っているようだった。
毛皮反対、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
一回、家に遊びに行ったことがあった。
都心にある背の高いマンションで、東京タワーが見えていた。
先輩は、毛並みが清潔なシャムネコと同居していた。

風の無い金曜の夜にお菓子作り

友人の家のベランダにて育てているトマトは、気の毒なミニトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、実験でミックスジュースをあげてみたり、味噌汁を与えたり。
泥酔の私たちに、熱燗を与えられたこともあり。
育ての親である友人は、機会があればぜひトマトジュースを飲ませたいという。
好奇心を目の前にしてミニトマトの気持ちは完璧に無視。

夢中で熱弁する母さんと読みかけの本
御盆でも本家から離れて住んでいるとたまにしか感じることがないが、少なくとも、お供え物くらいはと思い実家へ送った。
里方に住んでいたら、香を持ち祖先の出迎えに向かって、お盆やすみのラストに送りに行くのだが、離れて住んでいるので、そう実行することもない。
ご近所の方々は、香を持って墓前におもむいている。
そういう光景が目にとびこむ。
常日頃より墓前のあたりには多くの車がとまっていて、お参りの人も大変たくさん見える。


先頭へ
Copyright (C) 2015 空腹の経営者、大地を行く All Rights Reserved.